随時返済可能なアイフルなら利息を減らせる?

アイフルを始めとする消費者金融・銀行などのカードローンを利用していく上で、絶対に覚えておいた方が良いポイントの一つに「随時返済のメリット」があります。この随時返済を上手に活用することが出来ると返済の負担を大幅に軽くすることが出来るため、返済不能に陥ってしまうリスクや完済までの総額を減らすということが可能になります。アイフルの場合、通常のフリーローンを利用すると「金利は4.5~18.0%」の範囲で設定されることになります。この金利というものは「実質年率」と呼ばれていて、一年間(12か月)で発生する利息の総額を表しているものです。例えば、金利18%で100万円借りた場合には、「元金の減少を考慮しない場合」に12か月で18万円の利息を支払う必要性があるということです。契約した時の金利が15%であれば15万円、10%であれば10万円、最低の4.5%であれば4.5万円という事になります。当然、当初の設定金利が低くなればなるほど発生する利息も少なくなってくるわけですので、毎月同じ金額を返済していった場合に完済までに支払う総額は少なくなります。しかし、ここで重要なことは「元金の減少を考慮しない場合」に発生する総額という点です。実際には元金が減っていくことになる為、金利18%で契約した場合でも18万円未満の利息で済みます。元金が減少すると、その時点で新たに金利によって利息計算が行われることになる為、翌返済日以降の利息額が変動します。例えば、初回返済時には18万円のひと月当たりの金額が利息として徴収されることになりますが、その時の返済で元金が10万円に減っていたとすれば、次回の返済時には元金10万円に対する18%の1か月分の利息で済むので同じ金額を返済してもより多く元金が減少していきます。ただし、元金が増加した場合にも利息の再計算が行われることになるという点に注意が必要です。せっかく毎月の利息が減ったとしても、追加融資を利用して元金が増えれば元に戻ってしまいます。このように、借金をより簡単に返済していくためには「少しでも早く元金を減らして利息の発生を抑える」という事が大きなポイントになります。その為、毎月決まった返済日以外にも随時返済を利用していくことによって、次回返済日(指定)時点での発生利息を少なくすることが出来るようになり、それによって更に次の返済時の利息を減らすことが出来るような好循環が生まれてきます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?