アイフル 手数料がかからないようにする方法

アイフルで利用出来る返済方法には、振り込み・窓口・専用ATM・提携ATM・コンビニ・口座振替などがあります。実際に返済を行う場合に、それぞれの方法の中から好きなものを選択して利用することが出来ますが、それぞれにメリットやデメリットがある為、しっかりとそれぞれに関する理解を深めておくことが大切です。中でも「手数料」に関する部分は返済の負担増の原因ともなってくる可能性が高いものである為、特にしっかりと理解することが必要です。選択できる返済方法の中で手数料が発生しないものは、口座振替・窓口・専用ATMを利用した場合だけです。その他の銀行振り込みや提携ATM・コンビニ端末などを利用する場合には、金額に応じた手数料が必要になります。1万円未満は108円、1万円以上は216円が発生してくるため、返済回数によっては数万以上の負担増の原因となってくる可能性があります。口座振替などの余計な費用が発生しない返済方法だけを利用している場合と比べると、「実質年率」の部分で大きな違いが出てきます。本来、金利を表記する際には実質年率にする必要があり、そこで示されている割合以上の負担が起こらないように法律で定められていますが、アイフルを始めとする消費者金融の多くは「最も負担が少ない状態を実質年率として表示する」という形になっているため、そこで想定されている方法以外を利用していると大きく金利を増加させてしまうことになります。仮に18.0%の金利で契約したという場合であっても、毎回コンビニATMを利用して返済していると2500円ほどの負担増につながり、実質年率では18.0%を超えてしまいます。消費者金融を利用する上で最も意識するべきポイントは、「如何に少ない負担で完済を目指すか」という点です。その為には、完済期間を短くするという事が重要になってくるわけですが、そこには「返済総額を少なくする」という事も非常に重要なファクターとなります。完済までの期間が短ければ利息を支払う機会も減るので返済総額を少なく抑えることが出来るのですが、回数が減ったとしてもその分を手数料という形で支払っていれば意味が薄れてしまいます。せっかく早く完済したのに支払い総額があまり変わらなかったという事が無いように、少しでも返済総額を減らすための意識を持つという事が大切です。現状、余計な費用が発生するのは返済時の手数料位のものである為、可能な限り負担が減らせる方法を選択していくことが必要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?