アイフル|余裕があれば繰り上げ返済すべき!

アイフルからお金を借りる場合には毎月指定された返済期日までに最低返済額を返済していても、いずれは借入残高が減っていって完済する事が出来ます。その場合は毎月の返済負担が最小限に抑えられるので無理なく返済しやすいというメリットはあります。しかし、キャッシングを利用してお金を借りる場合には金利に応じて利息が一日毎に発生しているので、返済する余裕が無いのであれば仕方ないですが、余裕がある時には繰り上げ返済をすべきです。例えば、金利が18%で借入額が10万円の時に、30日後に一括返済する場合と30日毎に借入残高が半分ずつ減るように2回で完済する場合の利息について見てみます。キャッシングで表示されている金利というのは実質年率であり、つまり1年間借りた場合の利息の発生する割合を示しています。ただ、実際にキャッシングを利用する場合は先ほども触れたように一日毎に利息が発生しているので、計算する際には一日当たりでの金利の割合で考えて計算を行います。計算すると1日当たりでの利息は49円、30日後では1,479円となります。最初の支払いは金利や借入額が同じであれば一括で返済しようと分割で返済しようと同じ利息の割合となりますが、一括返済する場合は利息をつけて合計で101,479円を払う事で完済する事になります。一方、2回で返済する場合は最初の支払いで51,479円支払い、借入残高が5万円となります。残りの5万円をさらに30日後に返済する際の利息は739円であり、二回目の返済額は50,739円となって完済する事になります。この場合、合計額は102,218円となり、739円一括返済より多く支払う事になります。ここでは話を説明しやすいように比較的単純にしましたが、これだけでも返済の仕方によって利息が変わってくるのは理解できるはずです。これがさらに何回にも分割して返済するようになるとより複雑になりますが、一回当たりの返済負担が少ないと、返済が長期化するのと借入残高がなかなか減らない二つの効果によって、すぐに返済する場合と比べてそれだけ利息の合計額が増えていくのです。これがキャッシングを利用する際に怖い所であり、返済が楽だからと言って毎月最小限の返済だけ続けていると利息がどんどん膨れ上がっているのです。最初の方で述べたようにメリットもあるのですが、デメリットについても理解した上で利用すべきであり、デメリットもあるからこそアイフルでお金を借りる場合には返済するのに余裕がある時には繰り上げ返済をすべきなのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?