アイフル|期間について-借り入れから完済までどのくらい?

アイフルからお金を借りることはそれほど難しくはありません。特に、初めてアイフルを利用するという人で他に借入などが無ければ、大体の状況で借入可能だと言えます。すでに他の消費者金融と取引がある場合には融資を断られてしまう可能性は高くなりますが、消費者金融との取引自体が初めてという場合であれば、仮に年収が多少少なかったとしても契約できる可能性は非常に高いでしょう。消費者金融は非常に便利なものですが、使い方を間違えたり適切な利用方法を理解しないままに契約してしまうと大きなリスクを負う事になってしまう可能性もあるものです。そこで、アイフルをより便利に利用する為に大切なコツを紹介していきます。まず、消費者金融全般に言えることですが、契約前に「金利」をしっかりと比較検討することが大切です。金利によって発生する利息の割合が変化する為、金利の高低によっては返済の負担が増減したり、完済までの期間が変化するという事になります。金利は低いに越したことがないのですが、おおよそ消費者金融ごとに設定している金利には大きな違いが無いのが実情です。しかし、仮に0.1%でも低い金利を設定している消費者金融があればそちらを利用するといった、強かな考え方を持つことは非常に大切なことです。少しでも金利を下げることと同じくらい大切なことは、「返済プランをしっかりと立てる」という事です。自分が毎月どの程度の金額を返済していくことが出来るのか、完済までの期間をどのくらいに設定するのかという事をシミュレーションしていくと、現実的に利用可能な借入金額を算出することが出来ます。例えば、希望する借入金額は100万円だったが、実際に現実的な利用が可能となる借入金額は50万円だったといった感じです。もちろん、希望が50万円だったのに対して100万円までの余力があるという事もあり得ますが、そういった場合はリスクが少なくなるので更に安心してアイフルを利用出来るという判断になります。もし、自分の返済余力を超えた借り入れをしてしまうと、日々の生活に支障が出てくる可能性が高まるなどの理由で「返済不能」になってしまう可能性が高くなります。そうなれば、自分の信用情報が汚れてしまうなどの不利益が発生することになる為、更に大きなリスクを負うことになってしまいます。そうならない様、安全性の高い金額かつ「短期返済可能な金額」を意識してアイフルを利用していくという事が非常に大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?