アイフルでの借入の流れについて

景気の影響で職を失う人が増えています。いざというときに消費者金融のカードローンがあれば安心です。アイフルであれば、最短で即日融資も可能です。借入の流れは、まずWebで申し込みを行い、その後に在籍確認を実施し、自動契約機でカードを受け取りキャッシングを行うという流れになります。借入も、30日間無利息ローンもありますので、緊急時に資金を借入、入金したら全額返金のような使い方も可能です。アイフルは長年、消費者金融での実績がありますので、審査については自動化されています。Web申し込みも仮審査機能が備わっていますので、自分が借入可能かいくらまで借入可能かの事前確認に用いることも可能です。申し込みに必要な書類は、本人確認書類と収入証明書になります。本人確認書類は、運転免許証やパスポート、給与明細や源泉徴収票、確定申告書があれば大丈夫です。限度額が低い場合には、収入証明書は不要になる場合もあります。銀行系のカードローンに比べれば、金利は高めですが、その分、審査は速いです。パートやアルバイトの人でも定期的な収入があれば、申し込みをすることは可能になります。確かに、銀行系のカードローンやノンバンク系カードローンのほうが、金利は低めですが、その分、審査に時間は掛かります。即日キャッシングが必要な場合には、前日の夜や当日の朝に、Web申し込みを行い、出勤時に在籍確認を行い、夕方や夜に自動契約機でカードを受け取り、キャッシングを行えば、即日キャッシングも可能です。返済についても、振替日に定期的に返済する形だけでなく、一度に全額返済をすることも可能です。いま、銀行系のカードローンに複数社のキャッシングがあって返済に困っている人は、消費者金融系のカードローンは通らないのではと思うと思います。心配しないでください、銀行系の使用している信用情報機関と消費者金融系の使用している信用情報機関は全く別なものですので、他の消費者金融でキャッシングが無ければ、審査が通る可能性は高いです。本人確認書類と収入証明書の確認が行えましたら、インターネットで検索して、申し込みの実施を行いましょう。その際の注意点としまして、一度に複数社に申し込むのは控えたほうがいいです。金融機関の審査担当者も人間です。審査にあたって信用情報を照会した時に、他の消費者金融にも同時に申し込んでいたら印象は悪いです。アイフルに落ちたからといって、他の消費者金融の審査に通ることはありません。どこでも、審査基準は同じです。アイフルに申し込む場合は、アイフル一本に絞りましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?