atm利用でアイフルと取引をするなら「専用ATM」がおススメ

銀行やコンビニに設置されているatmを利用して、アイフルから借入や返済を行っているという人は大勢いるでしょう。現在、ほぼ全てのコンビニにはatmが設置されていて、それらを利用してアイフルとの取引を行えるようになっています。以前は、銀行などに設置されている提携ATM、もしくはアイフル店舗内に設置されている専用ATMなどを利用するしかありませんでしたが、現状は実質的にどこにいても簡単に取引を行うことが出来るような状態になっています。確かに、コンビニATMを利用する方法は便利なのですが、専用ATMを利用する場合と比べると大きなデメリットになってしまう要素があることを知らないと、必要以上に大きな返済金額の増加を招くことになり兼ねません。コンビニATMなどの提携ATMを利用することによるデメリットとは「手数料」です。手数料は、借入・返済のどちらにも影響してきます。1万円までの取引金額であれば100円程度の負担で済みますが、1万円を超える取引に関しては200円ほどの手数料が「一取引ごと」に発生します。つまり、返済のみに利用している場合であっても年間では1100~2400円程度の手数料を支払うことになります。返済に加えて借り入れも行っているという事であれば、その取引回数分の手数料が上乗せされることになる為、多い人であれば毎年5000~10000円程度の手数料を支払っているという場合もあり得ます。アイフルを利用していく上で最も強く意識すべきポイントは「確実に完済する」という事です。いくら借り入れによって状況が助かったとしても、そのお金を返すことが出来なければ大きなリスクを負うことになってしまいます。例えば、新たな消費者金融との契約が出来なくなる、クレジットカード契約が出来なくなる、携帯電話の分割購入が出来なくなるといった具合です。必ずしもすべての状況が併発すると言う訳では無いものの、「返済が出来なくなってしまった場合のリスク」は非常に大きなものです。その為、「如何にして低リスクで完済を目指せるか」が非常に重要になってきます。そういった意味で考えると、「返済総額を少なくする」という事がリスク低減に直結しやすい方法と言えます。つまりは「金利を下げる」、「返済回数を減らす」という事になります。しかし、そういった努力をしたにも関わらず、年間に数千円~一万円程度も負担を増やしていては本末転倒と言えるため、出来る限り負担を減らすための行動を心掛けることが大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?